SHAFT TECHNOLOGY

Deep Impact Pro Shaft / H ディープインパクトプロシャフト/H[DIP/H]

固く重いマサランデューバ材をコアに設け、外材にハードメープルを使用することにより、より強力なパワーを生み出すことに成功。さらに、ディープインパクトPROフロントエンドテクノロジーによりブレイク性能を極限まで高め、さらなるパワー、手玉コントロールを生み出すことを可能としたスーパーハイテクブレイクシャフト。
Launched May 2010

PRODUCT PAGE

<ソニック ティップ>

カーボンと樹脂からなるコンポジットティップ。ブレイク時のパワーとコントロール性能を向上させるためにブレイク専用としてMIKI独自に開発されたティップ。

<ホワイト ファイバープレート&ブラックTG1パワープレート>

ホワイト ファイバー プレートはパワーの伝達をより向上させ、またティップと手球との距離感を明確にするためのインジゲーターとなっている。

ブラックTG1パワープレートは高反発のG10を今までにない形状として採用。
摩擦にも強く、パワーをさらにアップさせている。

<DIP(Deep Impact PRO)コアテクノロジー>

固く重いマサランデューバを芯材に採用し、外材をハードメープルで囲む2重構造。
ハードヒッターのブレイクを最大限に引き出すこの構造は、プレオや―本来のパワーをストレートにブレイクに反映する。

<マサランデューバ>

ジョイント側約10cmまではマサランデューバ材をそのまま使用し、そこから径10mmとなってTG1座フェーラルまで真っ直ぐな芯材として構成されている。